製品情報

軟質裏装義歯-Vertex Soft-

軟質裏装義歯-Vertex Soft-

義歯装着後に顎堤部分に痛みが生じ,様々な観点から調整してもその痛みを解消できない場合があります.そのようなケースにおいて,義歯粘膜面に軟質裏装材を付与することは,咬合圧を緩衝できるため痛みを和らげることのできる有効な治療法だとされています.これらのケースに使用される軟質裏装材はアクリル系裏装材とシリコン系裏装材に大別することが出来ます.ここで紹介する軟質裏装材はアクリル系軟質裏装材(ベルテックス・ソフト)を使用しています.シリコン系軟質裏装材と比較して,義歯床との接着性に優れており(接着剤は使用しない),適度な粘弾性を有しています.

 


 

fig.one

products_9[145].png


upwardrightティッシュコンディショナーによる床下粘膜のダイナミック印象(動的印象)採得後に軟質裏装材(ベルテックス・ソフト)へ置換したケース.シリコン系軟質裏装材に比較して接着性に優れるため,義歯床との移行部は非常にスムーズであり,研磨も行いやすい.また,チェアサイドにおいても若干の調整が可能であり,剥離等の心配もない.

 


 

fig.two

products_9[152].png

 

upwardrightシリコン系軟質裏装材と比較し,粘弾性がある.従って,適合や装着感においては優位であると考えられる.

 


 

fig.three

products_9[147].png

 

upwardright軟質裏装材によるリラインは,強度的にレジン部の厚みを確保し,更に軟質裏装材をペーストするため,床全体が厚くなってしまうという欠点がある.本症例では全体厚みを薄く仕上げるため,メッシュ補強床(グリッドストレングスナー)を使用して強度を担保し,レジン部の厚みを最薄部1mmに設定後,ベルテックス・ソフトをペーストした.

 


 

fig.four

products_9[148].png

 

upwardright本症例は口唇口蓋裂児の自立的な哺乳・食事を補助する目的で作成されたHotz床である.Hotz床は,患者の成長に応じて調整が必要となるため,削合可能なアクリル系軟質裏装材が使用される.ベルテックス・ソフトは,アクリル部分と接着剤を介在しないで強固に接着するため,生体安全性も高いとされる.

 


 

profile[1].png

pencil㈱横浜トラスト歯科技工研究所 小菅則行

 

products_9[152].png