製品情報

熱可塑性樹脂プレート/成形各種

熱可塑性樹脂プレート/成形各種

近年,顎関節症や睡眠時無呼吸症候群における歯科治療において熱可塑性樹脂プレートを(加圧/射出等)成形し,活用することが一般的になりました.またスポーツ歯科医学領域においてもスポーツマウスガードの需要は増加傾向にあります.弊社では歯科技工用ヒータープレスや射出成型器によってこれらの装置を製作しております.また,各種矯正装置にも応用することができます.


 

fig.one

products_9[141].png

 

upwardrightスポーツマウスガード(sports mouth guard)

スポーツマウスガードは主にコンタクトスポーツ(ボクシング・ラグビー・空手等)に使用され,口腔,顎顔面外傷の予防を目的とする装置である.また近年では,スポーツマウスガードを装着することによって,集中力や瞬発力といったスポーツパフォーマンス性が向上するといった報告もある.本ケースのシート材は一般的に使用されるエチレン酢酸共重合体(EVA)を成型加工した厚み3㎜のものである.デザイン性も優れており,様々な色(単色から数色配合したもの)や特殊模様のシート材が用意されている.

 


 

fig.two

products_9[92].png

 

upwardrightオクルーザルスプリント(occlusal splint).

不正咬合や過度なストレスによる異常咬合習癖によって,何らかの顎機能異常や顎関節症を引き起こした患者に用いる可撤式装置.一定期間装着することで,現在の咬合状態の記憶が解放され,咀嚼筋群や顎関節の負担が軽減される.本症例は,対合歯咬合面圧痕を下顎の前・側方運動時に負担がかからない程度に付与し,チェアサイドで咬合調整を行ったケースである.

 


 

fig.three

products_9[91].png

 

upwardrightダイナミックポジショナー(dynamic positioner).

シリコーン樹脂を利用し,その素材の復元力(弾力性)によって理想的な位置に歯を移動させる可撤式矯正装置.軽度の捻転や叢生などに適用できる.このようなマウスピース型矯正装置は審美的側面から患者の心理負担を軽減できると共に,食事やブラッシング時に取り外せるため衛生的である.

 


 

fig.four

products_9[93].png

 

upwardrightホワイトニング用カスタムトレー.

歯を白くする目的で,患者自身が歯科医師の指示により自宅で行うホワイトニング法に用いる.唇頬側面のジェルスペースに薬剤(10%過酸化尿素)を注入し,口腔内に数時間程度装着する.ホワイトニング用カスタムトレーが不適合であったり,ジェルスペースの設定が不良であるとホワイトニング効果が半減する.使用後は十分な流水によって洗浄し,トレーケースに入れて保管する.

 


 

profile[23].png

pencil㈱横浜トラスト歯科技工研究所 都倉佑介