製品情報

オールセラミックス各種

オールセラミックス各種

現在のCAD/CAM ジルコニアフレームはコーピング自体に数種類の基本色バリエーションが用意され,天然歯の持つ色調の深みと透明感をさらに表現できる様になりました.強度的にも臼歯部ロングブリッジに対応することができます.ジルコニア専用陶材と組み合わせることにより,フレームとの優れたボンディング力を有する審美的な歯科技工物の製作が可能になりました.金属を使用しないマテリアル改革が実現したことにより,長年問題とされていた金属アレルギーの心配もなくなりました.


 

fig.one

products_9[70].png

 

upwardright高精度の3Dスキャンによって模型(歯列模型・対合歯・支台歯)をデジタル化し,そのスキャニングデータを基に患者固有のカスタマイズされた3Dデータを完成させる.弊社では半焼結ジルコニアブロックを5軸制御可能な加工機によって切削し,シンタリングファーネス内で完全焼結(約20%の焼成収縮)させることによってフレームを完成させる工法を採用している.成型加工されたジルコニアフレーム(半焼結)に特殊溶液を浸透させ,数種のカラーバリエーションを与えることもできる.写真はジルコニアフレーム専用陶材・セラビアンZR(Noritake)を築盛,強度の観点から陶材厚み2.0mm以下(焼成後)に整え,形態修正して完成させたブリッジ.

 


 

fig.two

products_9[71].png

 

upwardrightIPS e.max system(イボクラールビバデント社). IPS e.maxのオールセラミックスシステムには,二ケイ酸リチウムガラスセラミックスのプレスインゴットと酸化ジルコニウム上にプレスオンするフルオロアパタイトガラスセラミックスのジルプレスインゴットがある.さらに,ナノフルオロアパタイト レイヤリングセラミックス(IPS e.maxセラム)を使用することにより,高い強度と審美性を兼ね備えたシステムとなる.

 

プレスインゴットは,High Trans(HT)-Low Trans(LT)-Impulse(value/opal)のトランス系と,Medium Opacity(MO)-High Opacity(HO)のオパシティー系のインゴット群から構成されている.

 


 

fig.three

products_9[161].png

 

upwardrightオールジルコニアクラウン セルコンZ冠(デンツプライ三金)[スタンダード/プレミアム] セルコンZ冠スタンダードとは,セルコンht(従来製品のセルコンベースより光透過性が35%程度UPしたもの)から成る3種類(white・light・medium)のジルコニアディスク(ブロック)を選択し,加工・焼結・研磨したオールジルコニア冠の仕上げ区分である.

プレミアムシェードとは,(Z冠スタンダードの製作工程中に)半焼結の成型体を特殊溶液に浸漬して着色,さらに表面ステインを加えた色付けのカスタマイズサービス名である.

 


 

profile[8].png
pencil㈱横浜トラスト歯科技工研究所 加藤悠太